【ゼンタングル】CZT Prep Course2019に申し込み

Tangle Report

2020年11月のCZT認定講師セミナーを受講する予定ですが、セミナーに向けてのレッスンを開講されているCZTの先生方が数名いらっしゃいます。

今回わたしが受講することになったのは、「はじめてのゼンタングル」という本を出しているCZT認定講師のさとういずみ先生の講習です。

2019年秋の講習会が名古屋でも開催されるとあり、早速申し込みすることにしました。

「CZT Prep Course」の概要

2020年にアメリカで行われるCZT認定講師セミナーは4月と11月の2回です。

さとういずみ先生のレッスンは2019年11月から始まり2020年4月まで全6回あります。

対面で3回、オンラインで3回

料金は分割払いと一括払いとあります。

  • 分割払い 1講座5,750円
  • 一括払い 6口座30,000円

一括払いで30,000円振込しました。

フェイスブックのアカウントを作成

受講するにあたってフェイスブックのアカウントを持っていることも受講要件としてあったのでこの機会に初めてフェイスブックのアカウントをつくることになります。

ちなみに日本におけるフェイスブック利用者数は年代別で

  • 20代 54.8%
  • 30代 54.8%
  • 40代 34.5%
  • 全年代 32.3%

といった感じだそうです。

ほとんどの人がやってるイメージでしたが、案外そうでもないんだなということがわかりました。

フェイスブックというもの自体に抵抗があったので今までやっていなかったのですが、ゼンタングルを知り、ブログとインスタグラムを始めることになりSNSをここに来てフル活用しています。

フェイスブックの必要性も生まれたので、この機会に「食わずキライ」を克服してチャレンジしたいとおもいます。

「はじめてのゼンタングル」は初心者におすすめの本

申し込みをしたタイミングで、夫からさとういずみ先生の著書「はじめてのゼンタングル」をプレゼントで貰いました。

わたしが持っている参考本はPRIMERだけだったので、ゼンタングルの本が欲しい!と思っていや矢先だったので、めちゃめちゃ嬉しかったです。

本にはゼタングルの公式タングルがたくさん載っています。

むずしいタングルの描きかたも丁寧に載せてあるので、「これからゼンタングルをはじめたい!」という方にはオススメの本です。

全体的に「描きかたの基礎」という感じですので、シェーディングはうっすら施しているといった感じです。

シェーディングをすることで、ゼンタングルで描いたものを立体的にみせたり、奥行きや動きがでるので、より見栄えもします。

シェーディングを覚えたいというときは、シェーディング講座を開いてらっしゃるCZTの先生のもとで勉強するといった方法もあります。

わたしの場合は、ゼンタングルのスタートとして、パターンをたくさん覚えて実際にゼンタングルを描くときに「この区画にこのパターンを入れたい」というのがさっと頭に浮かぶことが理想なので、このテキストは、今のこのタイミングでベストでした♪

夫に感謝です。

「CZT Prep Course」受講まであと2か月程あるので、「はじめてのゼンタングル」で、タングルを覚えていこうとおもいます^^