自分を苦しめる『認知の歪み』10パターン

SELF ESTEEM

自分でも気がつかないうちに現実を歪めて認識してしまっていることって案外多いとおもいます。

客観視することができず、自分を苦しめるという負のループにハマって抜け出せなくなってしまうことってありませんか??

こういった思考パターンが繰り返されることによってネガティブな思考や感情を強化させて、心身共に崩れていきます。

認知の歪み代表的な10パターン

1.白か黒か

・ものごとを全て白か黒かで決めつようとする、極端な思考の癖

・少しの失敗で全てがダメになると考えてしまうといった考え方

2.極度の一般化

・たった一回の出来事で、あたかもいつもそうであるかのように考える思考の癖

・ほんの一部を見ただけで「いつも」「全部」「絶対に」と断定する言葉を使う

・人付き合いも手のひらを反す「裏切者」と極端な思考

3.〜すべき思考

・「〜すべきだ」「〜しなければならない」という原理で考え、それに反することを許さない思考の癖

・その人が置かれている状況などを考慮せず、不寛容な姿勢

・自分はこうだからと他人にも強引に押し付け求める

4.選択的知覚

・悪い部分ばかりに目が行き、ポジティブば部分を評価しない

5.マイナス思考

・ものごとの悪い面しか目に入らなくなってしまう思考の癖

・成功は「まぐれ」と思い失敗は「やっぱり失敗する」と思いネガティブな部分を拾い上げる癖

6.心の読みすぎ

・出来事の先読みし過ぎて、ネガティブな推測を立て自分勝手に解釈する思考の癖

・やる前からネガティブなことを推測し先読みを誤って自分なりの勝手な結論を見出す

7.誇大視と過小評価

・欠点や失敗を実際よりも大きく考え、良い面や成功を実際よりも小さく考える思考の癖

・自己評価が低い「自分はダメな人間だ」という思い込み

8.感情を決めつける

・負の感情のみを根拠として結論を下す思考の癖

・「こんな心境でできるわけがない」「自分にはムリ」といった考え方

9.レッテル貼り

・ある出来事をきっかけに「やっぱり自分はダメな人間だ」など自分や他人を決めつける思考の癖

・一度張ってしまったレッテルは、確固たるものになり剥がれません

10.誤った自己責任

・自分がコントロールできないことで何か悪いことが起こった時に、それを全て自分の責任だと考える思考の癖

考え方はわりと適当でいい

考え方や思考は人それぞれです。

例えばトラウマを抱えた人や、歪んだ認知の命令に逆らえず罪悪感と責任感を背負ってしまう人は特に歪んだ思考回路ができます。

自己評価が極端になく、罪悪感に苛まれ自分がすべきことを見失います。

そして「生きづらさ」を抱え「普通の人が普通にしていること」がとてもハードルが高くなります。

認知の歪みは行き過ぎると自分自身や他人にも厄介な出来事として表面化されます。

どれも自分が苦しむ考え方ですし、周囲からしたら「面倒臭い奴」、「何を考えているかわからない」という感じになりかねません。

他人の認知の歪みは気づいても、自分の認知の歪みにはなかなか気づきにくい特徴もあります。

「なんだか、最近負のループに陥ってなあ」など心が疲れていると思ったときは、「認知の歪み10パターン」を参考に、自分が歪んだ考え方を持っていないかチェックするといいかもしれないですね^^

なにより、頑張り過ぎて気を張っていると心身共に崩れていきます。

最近おもうのですが、そんなにがんばらなくてもわりとどうにかなります^^

  • 全部が全部、正しく捉えているとは限らない
  • 認知の歪みを持っているのだという認識

ちょっと冷静になってみると、じゃあどうしたらいいかみたいな答えがポッと閃いたりします。

一人で悩まず、色んな人の意見を聞くのも大事ですね♪