【ゼンタングル】タンタイル(ルネッサンスタイル)に初チャレンジ

Tangle Report

ルネッサンスタイルはインスタグラムで見ていてもその表現は無数にあり、ゼンタングルの幅がすごく広がりそうな気がしていつかやってみたいと思っていました。

ゼンタングルをはじめて4ヶ月になりますが、4ヶ月目にしてタンタイルデビューし3枚描きました。

いつも描いているホワイトスクエアタイルでは、使う道具は

  • ピグマ(黒)
  • 鉛筆
  • 擦筆

の3点が基本ですが、タンタイルでは、上の3点に加えて

  • ピグマ(茶)
  • チャコペン(白)
  • ジェリーロール(白)

を使うことでより立体感が出たり表現の幅が一気に増えるので、逆にどう使おうか迷うことも。

タンタイルに初挑戦

こちらが最初のタンタイル作品です。

タンタイルでは、茶色のピグマペンを随所に入れることで、華やかさが出る感じです。

チャコペンはハイライトで使いましたが、ハイライト以外でも使える気がします。

タンタイルで立体感を出す

ホワイトタイルでも立体感は出せますが、タンタイルだとより立体感が出せます。

立体感を出すのに、だいぶ時間をかけましたが達成感も半端なかったです^^

こちらもハイライトはチャコペンのみでジェリーロールは使っていません。

ちょうど、この頃レティキュアフラグメンツにちょっとハマり気味だったのでフラグメンツを入れています。

タンタイルで宝石

タンタイル3作目は、大きめの宝石を入れてみました。

宝石は何も参考にすることなく、立体感が出ることを意識して描きました。

そして、最近追加された新しいタングルホリス(HOLLIS)を少しだけ入れてみました。

インスタグラムに搭載したあとに、なんとなく陰影をもっと入れたくなりました。

陰影がはっきり出ると快感です^^

満足できる仕上がりになりました。

ジェリーロール(白)は3つとも使わずでしたが、どうやって使うのが効果的なのかまた考えてみようと思います♪