【ゼンタングル】レティキュア&フラグメンツにチャレンジ

Tangle Report

先日CZTさとういずみ先生の「CZT Prep Course #1」を受講してきました。

その第1回目の講座では主にゼンタングル社から出ている本「PRIMER vol1」の内容を日本語で解説して頂きました。

CZTさとういずみ先生はじめてお会いしましたが、とても気さくでテキパキとわかりやすい説明で進めてくれました。

レティキュア&フラグメンツ

さとういずみ先生はレティキュア&フラグメンツの本も出版されています。

レティキュア&フラグメンツ(Reticula&Fragments)はタイルにあらかじめ四角や三角のストリングで区切ってそこに連続したパターンを描いていくというものです。

トラディッシュタイルやルネッサンスタイルなど、通常のゼンタングルは構図を気にしたり展開をどうするかとか想像力も時に必要になりますが、先生曰くフラグメンツはパターンが決まっているのでひたすら描くことに集中でき、リラックス度が高いとおしゃっていました。

ゼンタングルにはこういうのもあるんだな~程度にしか知りませんでしたが、「こういうの好きかも!」とおもいました。

レティキュア&フラグメンツにチャレンジ

「やってみよう!!」

そうおもったので、さっそくPRIMERを参考にしながら描いてみました。

2枚目は、アレンジしつつもフラグメンツを楽しめました♪

これからの課題

2020年11月にCZTセミナーを受講するという目標を掲げていますが、

え?1年後( ̄▽ ̄;)!!

ちょっと現実的に受けれるかな・・・とおもうようになってきました。

何が問題かというと、大きくは

  • 受講料&旅費
  • 英語力

この2つです。

ちなみに2019年はアメリカで行われたCZTセミナーでは日本人21名の方が新たにCZTになられたということです。

人数が多い方がお互いに刺激になったりできるので、モチベーションが上がりそうですね♪