【ゼンタングル】ワークショップに参加しました#3

Tangle Report

年末最後のゼンタングルはCZT成冨史絵先生とCZTふるはし美鳥先生による名古屋ワークショップです。

内容はお楽しみということと、CZT美鳥先生のワークショップは初めてで、ドキドキとワクワクな気持ちでいっぱいでした。

CZTふるはし美鳥先生について

CZT美鳥先生は、愛嬌のある動物の絵を描いていらしている画家さんでもあります。

同時に、ご自身の癌のご病気の経験から、「癌患者さんを支援するという場所」と「ゼンタングル」を繋げるという役目を担いゼンタングルの資格を取られ精力的に活動されていらっしゃいます。

CZT美鳥先生のブログはよく読ませてもらっていますが、なにかいつも感慨深いものがありすごくお会いしたいとおもっていました。

ワークショップ

今回参加するワークショップは朝の10時~17時までと贅沢なロングタイムのワークショップでした。

CZT美鳥先生のトラディッショナルからはじまりました。

ホワイトスクエアタイル

ホワイトスクエアタイルに描いたタングルは5個あります。

  • ムーカ(Mooka)
  • フラックス(Flux)
  • クレセントムーン(Crecent Moon)
  • ホリバー(Holibaugh)
  • ディーバダンス(Divadance)

CZT美鳥先生はゼンタングルとは何か?みたいなことを交えながら丁寧にご指導して下さいました。

3Zタイル

CZT史絵先生による3Zタイルです。

3Zタイルは一辺の長さが89mmと小さいのですが、その小さなタイルにたくさんのタングルを描いていきました。

  • プランタン(Printemps)
  • エンゼッペル(N’zeppell)
  • トリポリ(Toripori)
  • ハイブリッド(Hibred)
  • ティップル(Tipple)

こちらのタイルは、完成後のモザイクを見たときにものすごくキレイで感動でした。

モザイクをしたときの見え方、使うタングルなどを考えて下さるCZT史絵先生のセンスは凄すぎます。

ブラックゼンダラタイル

もう、これだけでもお腹いっぱいの内容なのですが、まだまだ続きます^^

ブラックタイルは

1枚目 ワークショップに参加しました#1

2枚目 プロジェクトパック前編

そして今回3枚目は美鳥先生によるブラックゼンダラタイルを使ったZIAです。

黒タイルに宝石ってどうやって色をのせていくんだろう?と密かに疑問でしたので、すごく勉強になる内容でした。

  • サイム(Cyme)
  • ホリス(Hollis)
  • ムーンパイ(Moon Pie)
  • モリゴン(Molygon)

などのタングルを使って描いていきました。

グレータイル

ラストはグレータイルとのぞみペーパーを使いました。

グレータイルに描いたタングルは

  • ウェイボップ(Waybop)
  • フラックス(Flux)
  • ミスト(Msst)

のぞみペーパーでは真ん中に宝石を描き、その周りにタングルを描いていきました。

  • ジョンカル(Jonqal)
  • クレセントムーン(Crecent Moon)
  • ハイブリッド(Hibred)

まとめ

先生方の素晴らしいご指導で、ほんとうにゼンタングルを満喫した大満足の一日になりました♪

今回はロングタイムのワークショップに参加させて頂きましたが、例えば自分が講師の立場だったら??とよぎり、

準備・課題・時間配分など果たして自分にできるのだろうか。。(汗)

と、一日のワークショップのために労力を注ぎ込んで下さった先生方にはとても感謝した日でもありました。